【スグ得】節約術まとめ-毎月3万円得する節約生活しませんか?
*

知らないと損する?引っ越し費用の相場


みなさんの人生の中で、何度か経験されることのひとつに引越しがあります。この引越し、最初に気になるのがお金のこと。

「いったいどれくらいの料金がかかるの?」

「荷物の量や距離でどれくらい費用が掛かるの?」

NKJ56_agonihijiwo500

という疑問をお持ちの方もいらっしゃるように、実際いくらくらい違うのか意外と知らないものです。

またひとり暮らしや単身と夫婦では?など疑問が尽きないもの。

年度末の3月~4月は引越しシーズンといわれるほど引越し業者の車をよく見かけますが、ここでしっかりと引越しの費用が、どれくらいかかるのかご紹介していきたいと思います。

 

引越し費用の内訳は?

hikkoshi10

引越し費用を比較するために、はじめに引越し費用の内訳についてしっかりと把握していることが大切になります。

なぜなら、引越しの相場はあってないようなもので、内訳をしっかり把握していることによって、価格交渉(値引き)がスムーズになるからです。

引越し費用は下記のように、基本運賃と実費、割増料金、オプションの合計金額となります。

 

引っ越し

 

基本運賃とは?

時間制と距離制があり、時間制には4時間・8時間という基礎時間があります。また軽貨物運送業者の場合は2時間・8時間という基礎時間になります。1時間を超過するごとに追加料金が加算されます。距離制の場合は100km、軽貨物運送業者の場合は30kmという基礎距離があります。輸送距離が超過すると追加料金が加算されます。これらは、国土交通省または引越し約款に基づき計算します。基本運賃は、各業者により違いがありますので詳細はご確認する必要があります。

実費とは?

引越作業員人数分の作業料、ダンボールなどの資材費、有料道路通行料、トラック代等が含まれます。実費内の引越作業員の目安は、2(L)DKで2人、3(L)DKで3人、4(L)DKで4人ほどです。1(L)DKでは1~2人ですね。また、立地や家の条件によっては、前後する場合もあります。作業員一人あたりの単価の目安ですが、平日10,000円強~15,000円前後、休日は少し割高になり、15,000円前後からとなります。もちろん、各業者によって異なりますので、大体これくらい、という目安で見てくださいね。

割増料金とは?

土日祝の休日割増、深夜早朝の深夜早朝割増、2月3月や8月の繁忙期等に加算されます。

オプションとは?

エアコンの取付、取外しやピアノの運搬、不用品の処分等を付けた場合の加算です。

 

 

引越し業者によって料金が違う?

0-2

引越し条件が同じでも、引越し料金に差があります。それは、業者によってサービス内容が変わるからです。

例えばダンボールを無料でつけてくれる業者もあれば、枚数分請求する業者もいます。

また、長距離の引越しが得意な業者や単身や一人暮らしが得意な業者もあります。

さらに、大手引越し業者と地域密着型の小規模引越し業者でも違いがでてきます。長距離が得意な業者や近場が得意な業者など、その差も料金の違いに影響しています。

 

業者によるメリット/デメリット

料金とは別のメリットとして、大手引越し業者は稼働率が高く、繁忙期は費用が高くなりがちですが、知名度などでの信頼感もあり安心して任せられます。また小規模引越し業者でも小回りが利く、融通が利くなど利点もあります。ライフスタイルに合った業者を選ぶために、日頃からどんな業者が存在し、料金の違いも含めた専門性などをチェックしておきたいところです。

大手引越業者

アーク引越しセンター、アート引越しセンター、アリさんマークの引越社、クロネコヤマト引越しセンター、サカイ引越しセンター、日本通運等がありますね。

小規模引越業者

軽貨物自動車運送業者等があります。

 

一人暮らし(単身)の場合の相場は?

CSS85_MBAmiru1292500

通常の相場の目安は、40,000円台~50,000円台繁忙期で40,000円台後半から60,000円台後半となり、荷物の量や移動距離等で変動します。

また、粗大ごみの処理や3階以上の建物への引越しなど追加料金で価格は変わります。さらに単身者専門の引越し業者もあります。

 

夫婦の場合の相場は?

hikkoshi2

通常期の料金相場の目安ですが、最安値は20,000円台後半~で、200km以上離れた場所への引っ越しだと相場の最安値が80,000円台ほどになります。

また、こちらも荷物の量や引越し先の条件(3階以上など)等で変動します。

繁忙期の料金相場ですが、最安値は30,000円台前半~200km以上離れた場所への引っ越しだと相場の最安値が138,500円台とかなり値上がりします。

200km~500kmの目安では、通常時より倍近い料金です。このような点からも繁忙期を避けるなどで、引越し料金に差がでてきます。時間に余裕があるのなら、これらを踏まえ慎重に判断したい期間であることがわかります。

 

家族の場合の相場は?

af0100014713

家族の場合は、引越し先の部屋の広さ(2(L)DK、3(L)DK、それ以上)で料金も変わります。

広くなればその分作業人数も増えますし、荷物も多くなる傾向があります。また移動距離や通常期なのか繁忙期なのかで料金の差が出てきます。

事前に家族の力を借りて、不用品は処分して荷物を減らしたり、協力して梱包作業をするなど家族ならではの底力で、引越しを乗り越えたいものです。

家族の通常期(1~2月、5月12月)ですが、最安値は30,000円台後半~で、200km以上離れた場所への引っ越しだと相場の最安値が10,000円台~になります。

二人暮らしよりも少し高くなりますね。

 

まとめ

引っ越しの料金は、

・基本運賃と実費、割増料金、オプションの合計金額から決まります。

・繁忙期の期間は割高になりますが、料金は各業者によって異なるので、見積もりを比較して安いところを選びたいですね。

早めの行動が重要なので、引っ越しを考えている方は、事前に予定を立てて見積もりを早い段階でしておきましょう!

この記事を書いた人

とくちゃん
とくちゃん
お得情報をついつい調べてしまう情報通。サンプル百貨店がお気に入りなので、でいれば週一でお届けします。その他、セール情報なんかも紹介していきます!