【スグ得】節約術まとめ-毎月3万円得する節約生活しませんか?
*

簡単!浴室をいつもキレイにする掃除【5つのポイント】


掃除の中でも特に面倒なのが浴室掃除。毎日使うものだから、いつもきれいにしておきたいものですね。

しかし、生活スタイルの多様化で、家族が短時間で入浴を済ませることも少なくなり、いつのまにか浴槽と床だけの短時間小範囲の掃除になっていませんか?

残りの壁や天井は、休日や大掃除のとき等に残しておいても、ついつい後回しで頑固な汚れがついてしまうこともあります。おかげで余計な掃除が増え、かえって重労働になることも。

そんな悩みを打破すべく毎日のちょっとしたコツで、簡単に綺麗にするコツをご紹介します。

バスルーム2

 

あなどれない換気

換気は、スイッチひとつまたは窓を開けるといった簡単な作業で掃除をラクにしてくれます。特に入浴後の換気は浴室に結露を残さない、いわばカビが生える環境をかえる効果のひとつになります。

その際、風の通り道を確認して、換気扇と窓を使い分けると効果的です。また洗剤で洗浄後の浴室に、熱めのシャワーをかけて汚れを落とし、さらに冷水シャワーをかけて喚気するとカビが生えづらい環境に近づきます。

あなどれない換気を意識して行うことで、いつも浴室を綺麗にすることにつながります。ぜひお試しください。

風呂1

 

ガラス拭きワイパーのスクイジー

結露した窓ガラスを雑巾やタオルで拭いても、そこから更に洗って絞るという作業が意外と手間のかかるものです。そこで簡単に窓の結露を拭き取るグッズのご紹介です。

ガラス拭きワイパーのスクイジー。上から下にスクイジーを移動するだけで、ガラス面の水分をふき取ります。写真のものは100円ショップで購入したものですが、ホームセンターなどでは、取っ手部分に水がたまる仕組みのものもあり、たまった水はそのまま洗面所や排水溝に流すだけと簡単に掃除ができます。

捨てた水は結露の量なので、見える化になり成果にも似た遊び心もあって楽しいですね。

風呂2 風呂3

 

小さいけれど大活躍のめん棒

浴室窓のサッシや入り口扉の排気口は、ほこりや水気がたまりやすいところですね。

着色がなくても、少しずつ汚れがたまっていきます。そこで身近にあるめん棒で、狭い目地等をスライドしてふきあげ、あとはシャワーを流すだけ。しかも、入浴中にもできる簡単な掃除なので、入浴ついでに簡単めん棒をぜひ試してみてください。

また、入浴後は換気扇の目地をめん棒で拭くのも効果的。(その際にスイッチは念のため切ってくださいね)適度な湿気をおびた換気扇なので、乾燥しているときよりも汚れが落ちやすいようです。

風呂4

 

定番の歯ブラシ

使い古しの歯ブラシの有効活用です。使い古しの歯ブラシはちょっと・・・という方には、新たにお風呂用に歯ブラシを準備されてもよいかもしれません。この歯ブラシを使って、排水溝のふたや石鹸うけ、浴槽の蓋や床の細かい汚れ落としに大活躍です。

スポンジでは落としきれないものも、歯ブラシならピンポイントで簡単です。更に歯ブラシにも柔らかい~硬いまでと、サイズがコンパクトなものから大きいものと様々なので、数種類ご準備され、用途に合わせて使い分けても便利かもしれません。

また数回利用した歯ブラシの汚れがひどくなれば、そのままゴミ箱へ捨てるといった手軽さもいいですね。

 

風呂5

 

あらかじめ洗剤を散布

入浴前に床や浴槽以外の場所、例えば壁やサッシに中性洗剤の原液や薄めたものを散布します。

入浴中に汚れが浮きやすくなることと、洗体や洗髪で飛び散る石鹸やシャンプーの泡やアカ等の汚れが、あらかじめ散布された洗剤の上貼りつくので、入浴後はそのまま軽くこすってシャワーで流せば、壁掃除も簡単になりますね。

また、薄めた洗剤ですが、100円ショップなどで販売しているスプレータイプの容器に使う分を配合して準備するか、水は腐敗するので中性洗剤を精製水で薄くして保管すると便利です。

風呂6

ガンコな汚れには・・・

強力高温蒸気のスチーム掃除機なら、力をいれてこすらなくてもサっと落とせます。

キッチンのガス台やレンジフードや換気扇など油汚れもスッキリ落ちるし、お風呂や洗面所でも大活躍!

年末の大掃除がとっても簡単になるので、1台おうちにあると便利です。

shark5

 
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
↓スチーム掃除機体験レビューページもよかったら参考に・・↓
スチーム掃除機口コミ!実際に試して比較【本当に使えるのは?】
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
 

 

いかがでしたでしょうか?

時間をかけて行っていたお風呂掃除も、毎日少し行動を変えるだけで、簡単にキレイが保てますね!

是非実践してみてください。

この記事を書いた人

よしみ
よしみ
節約生活もはや20年の自称ベテラン節約主婦です。応用編の節約情報をご紹介したいと思います。あとは、少し知識がいりそうなものや、自宅でて取り組んでいることなどもご紹介しますね。