【スグ得】節約術まとめ-毎月3万円得する節約生活しませんか?
*

節約の味方!主婦直伝の【冷凍ご飯のおいしい使い方!】


ついつい余ってしまったごはんを、冷ごはんとしてストックしても、使い切れないこともしばしば。そこですぐ冷凍する方も多い冷凍ご飯。冷凍したから大丈夫!だと思っていたけど、いざ使おうと思ってもレンジで温めて食べるだけ、もしくは美味しくないから結局捨ててしまった、、ということはありませんか?

冷凍ごはんは、使ってこその節約です。味をつけて更に食べやすく、節約の味方の冷凍ごはんのおいしい使い方をご紹介します。

 

ぱらぱらコーンチャーハン

fd400190

用意するもの

・冷ご飯
・コーン(冷凍でも缶詰でも)
・バター
・塩コショウ
・しょうゆ

鉄板メニューのときにぜひお勧めしたい1品です。フライパンでもできますが、鉄板だとパラパラ感がより出ます。

鉄板にバターを引き、冷凍ご飯を投入。(カチカチの場合は、多少レンジで温めてもよい。)
ご飯に熱が通ったら、コーンを投入し炒め、塩コショウはお好みで。パラパラに炒めたら、最後にしょうゆをサッとふりかけ、香りが飛ばないうちに皿に盛ります。子どもも大喜び。

 

かぼちゃスープ

fd400237

秋から冬にかけてかぼちゃが旬ですね。海外産のものも含めれば、年中出回っているかぼちゃ。例えば、かぼちゃの煮物は余ったときなど、翌日に再度出すのも気が引けますね。そんな時は、冷凍ご飯を使ってかぼちゃスープに変身です。

用意するもの

・冷ご飯
・あまったかぼちゃの煮物(汁は少ないほうがベスト)
・牛乳
・塩コショウ
かぼちゃの煮物は、ヘラやフォークでつぶしておく。(皮もつぶしちゃいましょう。)弱火で、かぼちゃを伸ばす要領で牛乳をお好みで少しずつ投入。好みの濃さになったら冷凍ご飯を投入。ごはんの粘り気でかぼちゃスープがドロッとしてきます。

つぶつぶ感が苦手でしたら、レンジで軽く冷凍ごはんを温め、かぼちゃスープとごはんをミキサーに入れて、温めなおすと口当たりが滑らかなスープになります。小腹が空いた時は、ごはんを多めに入れてリゾット風にしても美味しいです。

 

だまこもち

damako

冷凍ご飯を軽くレンジで温め、すり鉢にごはんと片栗粉を入れます。めん棒で半殺し程度につぶします。それを手のひらで仏様のごはん位の大きさに丸め、ごぼうやねぎなどの入ったしょうゆベースの鍋に投入し、火が通れば出来上がりです。秋田名物でもあります。

さらに身近なところでは、片栗粉を入れないですり鉢で半殺しにつぶしたものを、おはぎとしてあんこやきな粉をまぶして利用するのもいいですね。

 

納豆チャーハン

charhan

手軽にできて味も付いているから冷凍ごはんと思えない?何を食べようか迷ったときにぜひお試しいただきたい1品です。納豆は粒やひきわり何でもOKですが、できればひきわりの方がまんべんなく混ざります。また長ネギを入れることで、独特の匂いが和らぎ食欲増進につながります。

用意するもの

・冷凍ごはん
・卵
・納豆
・長ネギ(小口切)
・しょうゆ

フライパンに油をひき卵を炒める。そこへ冷凍ご飯を入れ炒める。火が通ったら納豆をいれ、長ネギを投入ししょうゆで味付けをする。

 

ドリア風やオムライスほか

omu

冷凍ご飯を軽くレンジであたため、バターを薄く塗った器に入れる。ごはんの上にマヨネーズをかけ、ホワイトソースまたはシチューの残りなどをかけ、とろけるチーズをのせてオーブンで加熱します。

ちょっと贅沢な1品のできあがりです。ジャガイモのスライスを加えると更にボリュームがアップします。また、冷凍ごはんにケチャップで味や色をつけ卵で巻いたらオムライスの完成です。

 

まとめ

冷凍ご飯を賢く使うコツは、そのままの白飯よりも、味や色をつけるほうが冷凍であることを忘れてしまうコツかもしれませんね!また味のついたあぶらあげに温めたごはんを入れると、違和感なく美味しく食べられますよ。

是非試してみてくださいね!

この記事を書いた人

よしみ
よしみ
節約生活もはや20年の自称ベテラン節約主婦です。応用編の節約情報をご紹介したいと思います。あとは、少し知識がいりそうなものや、自宅でて取り組んでいることなどもご紹介しますね。