【スグ得】節約術まとめ-毎月3万円得する節約生活しませんか?
*

電気代を大幅に安く抑えたい!普段の生活で出来る節約法は?


電気、それは生活する上でなくてはならないとても大切なものです。

新しい電化製品だとか色々使いたいですよね。

何をするにも必要な電気。

でも毎月の支払いがコワい!

そんな時は裏ワザがあります。

あまり知られていない方法でちょっと工夫すると、それは大きな電気代節約に繋がるのです。

毎月の電気代請求がコワい方、恐らくそういった方法で節約をしていないだけではないでしょうか。

とってもかんたんで、電気使用量の見直しにもなりますので、ぜひ実践してみましょう!

David Photo Studio

By: David Photo Studio

 

電気代の10%は待機消費電力だった?!コンセントから抜くだけの節約!

電気代節約の王道は待機消費電力というのを知っていますか?

テレビやパソコン等の電化製品は、主電源を落としても10%程の電気を常に消費しています。

 

例えば

毎月10,000円電気代を請求されている家庭であれば、

その内の10%つまり月1,000円程が待機消費電力の分となります。

年間にすると、12,000円!なんて恐ろしいですね。

 

それならば、節約しましょう!

毎日大変かもしれませんが、コンセントを抜くだけです。

それでも大変で続かない!という方には待機消費電力を抑える画期的なアイテムがあります。

スイッチ付省エネタップだと、使っていないコンセントのスイッチをOFFにするだけで待機消費電力を抑えられます。

使っていない家電のみを選んでコンセントをOFF状態にするだけですので、簡単ですね!

楽天を確認する⇒

 

知らなかった電気代の秘密!時間帯割引契約で電気代を抑えよう!

 

殆どの家庭が電力会社と契約している方法は、「従量電灯」という契約ではないでしょうか?

このプランはどの時間帯に電気を使用しても電気代は同額というもの。

そこで1つ知っておいて頂きたいのは、時間帯割引契約をする事です。

昼間の時間帯、仕事や学校や外出等で家族が家にいないという家庭では最高のプランなのです。

こちらは、22時(23時)~8時(7時)までの電気代が70~80%OFF。

その代り、それ以外の時間帯は約30%割高になるという仕組みです。

早朝や夜帰宅後に電気を使用する事が多くなる家庭にはお薦めのプランですね。

そしてこの場合、全自動洗濯機も夜間の電気代が割安になる時間帯にセットしておいたり、同じく食洗機等も22時以降に予約しておくなどの裏ワザも使えますね。

出典: http://www.sdh.or.jp/survey/survey.html

 

あえてブレーカーを落とせ!の裏ワザ!アンペアを変えて電気代節約を!

ご家庭で契約している電気料金の基本料金契約アンペアをご存知でしょうか?

これを知っているとお得になりますよ。

殆どの人がこの契約をあまり知らず、変更していないと思いますが、電気代節約のかなりの近道でもあります。

契約基本料金が30Aと60Aとでは月1,000円程変わってきます。

各電力会社によって契約アンペアごとの基本料金は違ってきますが、10Aごとに約200~250円は変わります。

大きいですよね。

それぞれの家庭に合った適切なアンペアに変更するだけです。

 

例えば

約30~50Aだと、夏にクーラー等を使用している時に、ドライヤーも同時使用したとして、時々ブレーカーが落ちてしまう、そんな位がちょうどいいです。

つまり、クーラーを使用してドライヤーも同時使用すればブレーカーが落ちてしまうという感覚が自然に身についてきますので、何か電気を使用するとなると、他の電気は止めておこうなど節約につながります。

10A基本料金契約を下げるだけで毎月250円程、年間にすると5,000円以上の電気料金節約も夢じゃないという事はぜひ実践したいところですね。

子供

 

エアコンが電気代の多くを占めている!ちょっとした管理でかなりの節約に!

家庭の4分の1の電気代をエアコンが占めているというのをご存知でしょうか。

そこでエアコン節約の為、できるだけ我慢!という家庭もある位です。

そんなエアコンですが、ちょっとした工夫で節約方法もあります。

「我慢!」もいいですが、その前にできる事は実践してみましょう。

 

通気性の良い場所に移動する

室外機周辺の温度が高過ぎたり低過ぎたりすると、余計に電気代がかかってしまいます。

ですので、室外機を通気性の良い場所に移動させるだけで、節約につながります。

また、室外機に専用カバーを取り付けるだけで、直射日光を避ける事ができますので、余計なエネルギー消費にならないのです。

 

フィルターを掃除する

エアコンにフィルターがあるのをご存知ですか?

そしてそれは定期的に掃除が必要という事も知っていますか?

フィルターは最低1か月に1回はお掃除するのがいいですが、理想は2週間に1回。

掃除機でも埃をとることが出来ます。

年間約930円の電気代の節約につながり、更にエアコンの寿命も延びるというからぜひやっておきたいですよね。

 

「弱」よりも「自動」

電気代を節約したいからと、エアコンを「弱」にしている人が殆どではないでしょうか。

実は「弱」よりも「自動」にしたほうが、節約度は大きいのです。

エアコンは設定温度に達した際、弱風に変わるのではなく、「微風」状態に変わるからです。

 

冷房で24度の設定では、「弱」にすると1時間あたり146w消費しますが、「自動」では139wです。

そして設定温度ですが、冷房の場合、温度を1度上げるだけで約10%の電気代節約につながります。

暖房では2度低くすると約10%節約です。

よく言われている温度の理想は、夏場は28度、冬場は21度です。

happy-flowers

 

電気代消費第2位の冷蔵庫!その節約方法があった!実践するのみ!

エアコンが電気代消費の1位で、2位はなんと冷蔵庫。

それならば、エアコンの節約ができたなら、今度は冷蔵庫です。

 

冷蔵庫の温度調節

冷蔵庫の温度調節はしたことありますか?

温度を「強」から「弱」に変更するだけで、電気代を約20%も節約できるのです。

外気温にも影響するので、夏場は「強」にし、冬場は「弱」というように季節によって温度調節をしてみましょう。

 

冷蔵庫の置き方

そして、冷蔵庫の置き方です。

壁に近づけると熱をもってしまう冷蔵庫は、電気代節約する為には、側面は2cm以上、背面は10cm以上、上面には物など何ものせず、天井との間は10cm以上あける事が理想です。

20%程の電気代節約につながります。

 

食材を詰めすぎない

それから最後に、とても重要な事。

それは冷蔵庫に食材を詰め過ぎない事です。

食材でいっぱいの冷蔵庫は、そうでないモノと比べて年間6,000円もの電気代がかかっています。

冷蔵庫には余裕を持って食材を入れること、そして開閉の数も少なくすると電気代の節約につながります。

fd400664

この記事を書いた人

節子先生
節子先生
節約って難しいとお考えではないですか?家計簿や料金の計算などを考えると、ややこしく思ってしまい、続かない方も多くいらっしゃるのが現状です。ここでは、一見難しそうに思える節約の方法をわかりやすくお伝えしたいと思います!